etwas zum Ausdruck

Feed Rss

Rock and Roll Music

19/03/2017, 08:48, 日記, by .

このところまったく更新できていませんが、大きな訃報が入りましたので久しぶりに。

今日の一曲:
Chuck Berry – Rock and Roll Music – Toronto, Canada – 1969 (full concert) (1969)

もう歴史上の人物というべき存在の大往生です。
知らない人も今や多いのかも知れませんが、この動画のセットリストは
アメリカだけでなく世界の音楽シーンに多大な影響を与えた曲ばかりです。
Beatlesでは特にJohn Lennonがこの人のカバーを多く演奏していました。
“Back To The Future”の映画で主人公がこの人の代名詞という曲を演奏していて
電話越しに登場していた(本物かは忘れましたが)ミュージシャンと言えば
わかるでしょうか。

SNS

21/11/2016, 00:56, 日記, by .

「前回の」投稿からさらに2か月、秋のバザーイベント感謝祭も無事終わりました。
感謝祭でお会いした方とこのblogの話が出たので久々に開いてみたところ、なんと
9月に書いたエントリー「ちゃぐりん」が下書きで保存したまま公開していなかった
ことに気づきました。この間、またしてもこのblogのページを開かなかったのです。
書き直すか、このままボツにしようかとも思いましたがせっかくなので公開します。
なので実質的には半年ぶりの更新ということになります。

以前も書いたことがあるのですが、私はSNSを一切やっていません。
あらはし館のfacebookに私は関わっておらず、twitterも書いたのは最初だけでした。
facebook, twitterは他の仕事でいじる場合もありますが、個人アカウント、裏アカウント等
何も作っていないためネット上で何か公開しているのはこのblogだけです。
ネットやデジタルものに疎い人がよくわからないからやらない、というケースは多いの
ですが、私のような人があえてやらない、というのは珍しいとよく言われます。
理由は簡単で、ネット上に本人と結びついた情報を公開することに対するリスクを
考えれば考えるほど、SNSなんてとてもやる気になれないからです。
また、NAVERやGoogleという会社を信用していないのでGoogleアカウントも必要
最低限のことしか登録しておらず、LINEに至ってはアカウントを作ろうとも思いません。
Googleアカウントは本当は作りたくないのですが携帯がAndroidなのでやむを得ず登録、
Gmailは使用せず、付き合いのある人の大事な個人情報が集まっているアドレス帳は
別に作ったアカウントからリンクさせて使っています。
もちろん作ったIDは、他者に繋がる機能や勝手に情報を流す機能をすべてオフに
しています。
メールアドレスは20個くらいを用途別に使い分けていて、オークション等で使うYahoo!の
アカウントも出品用、落札用、メール用その他2~3個を使い分けています。
IDの文字列は名前から容易に推測できるようなものにはしていません。
このblogで掲げる「5つのNo!」と、コメント欄を設けずに書いていることなど、
これらからお分かりいただけるかと思います。

今日の一曲:
Robbie Williams – Love My Life (2016)

日本では相変わらず話題になりませんが”Heavy Entertainment Show”という新作が出て
当然のように英チャート首位を飾っています。2014年のTakeThatの新作同様、昔からの
ファンのためのアルバムという感じで、この人ももうシングルが売れる人ではなくなって
きたようですが、やはり私には変わらず活動を続けてくれれば満足という存在です。

ちゃぐりん

15/09/2016, 00:54, 日記, by .

4か月以上ぶりの更新で子どもたちの夏休みも終わってしまいました。
この間blogの画面を開くこともなかったので最後に何を書いたかも忘れてしまって
いたのですが、リアル謎解きゲームの話で終わっているというのもあんまりなので
今日は学童の子どもたちが好きな雑誌の話をしたいと思います。

家の光協会発行「ちゃぐりん」(旧「こどもの光」)
JA直属の出版社が出している小学生向けの食農教育雑誌です。
今年の春にとあるきっかけでバックナンバーを入手したので、他スタッフに了承を
取ってから学童の本棚に置いてみたところ、ほぼ全員の子どもたちが夢中で読む
ようになってしまいました。

内容についてひとことで言えば、今どき珍しい真面目な雑誌だと思います。
子ども受けするマンガも載ってはいますが、いたずらに好奇心を煽るような内容では
ありません。TVでおなじみの人気キャラクターは一切登場しません。
PTA協議会推薦、蔵書にしている学校もあるそうですが納得です。
個人的には、広告がほとんどないことを何より評価しています。
一般的な流通ルートに乗っていないので書店やAmazon等で買うこともできず、
農協から取り寄せるか定期購読するかしかありません。
今の時代に普通の出版社がこんな雑誌を作って商業ベースに乗せるのは無理でしょう。
良くも悪くも(笑)特権的な組織だからこそ作れる雑誌と思います。

前身の「こどもの光」創刊から今年で52年、自分が子どもの頃からあった雑誌らしい
ですが自分も自分の子どもの小学生時代も、その存在を知りませんでした。
親世代の我々がみんな読んでいた「小学館の学年誌」「学研の学習と科学」という
二大定番の影に隠れて、当時から知る人ぞ知る雑誌だったのではないでしょうか。
今やそのどちらも存在しないか読まれなくなった状況(「小学二年生」は今年いっぱいで
休刊、「一年生」だけ細々と継続)です。
ちなみにこちらが現在の「小学一年生」、アニメキャラクター満載で挙句の果ては
読者モデルオーディション(笑)、違いは歴然です。
これだけ時代におもねた雑誌でさえ部数減に苦しむほど、子どもの世界のソフトウェアも
デジタル化、映像化が進んでいます。
紙媒体の雑誌を毎月楽しみに待つ、なんていう経験もできなくなってきているので、
このような雑誌なら学童で購読を続けるのも良いかなと思っています。

今日の一曲:
Norah Jones – Carry On (2016)

しばらく音沙汰なかった自分と同様、今まで何してたの? と言う声が聞こえてきそうな
この人の新曲が今日のエントリーにはぴったりかと思いました。
4年ぶりの新作が来月発売とのこと、前作もあまり印象なかったのでずいぶん久しぶりな
感じがします。この曲はデビュー当時に戻ったようで気に入っているのですが、
逆に言えば最初の作品を超えられないパターンに陥っているのかも知れません。
でも彼女のように独自のスタイルを確立した人はそれでも良いように思います。
今作も聴いて、また忘れた頃に同じような作品を出してくれれば私は満足です。

リアル謎解きゲーム

07/05/2016, 23:25, 日記, by .

土曜日保育のある日はどこかに出かけることが多いのですが、今日は前日の雨で
公園系が不適だったため、市内の巨大ショッピングモールでGWイベントとして
明日まで開催されているリアル謎解きゲームに行ってみました。
リアル謎解きゲームはイベント情報が載っているサイト等でこの頃よく見かけます。
午前中だけの外出にはちょうど良さそうで、去年秋も白鳥公園で行われていたのを
見て行ってみようかずいぶん迷ったのですが、どうも内容が大人向けで子どもには
問題が難しすぎるのではないかという心配があり見送りました。
そのあたりがいくらWebを調べてもよく分からないのです。
今回は会場がショッピングモールなので家族連れも多いはず、行ってみるなら
これしかないと思って決行してみましたが、こんなものかという感じで少々拍子抜け、
でも低学年の子を連れてやってみるにはちょうど良かったです。
今回は無料でしたが、中には3000円くらいも入場料とる謎解きもあります。たぶん
そういうものは大人でないと解けないものなのでしょう。
間違えて子どもを連れてきて全然分からず楽しめないということのないように
対象年齢やレベル表示を明確にしてほしいと思うのですが。

今日の一曲:
Lukas Graham – 7 Years (2015)

このところの訃報続きで、大物アーティストの古い曲ばかり続いていましたので
ちょっと今さら感はありますがこの頃のチャートで気に入っている曲を。
こういうタイプの曲は数年間隔で現れる気がします。
この人は新人ですが曲の雰囲気がJames Bluntのようなシンガーを思い出します。

更新のみ

24/04/2016, 23:58, 日記, by .

前回が間隔開きすぎたので、更新だけしておきます。
このところ喉に風邪のような花粉症のような違和感があるのですが、このところ黄砂と
PM2.5が結構飛んでいるようなのでそっちかも知れません。

今日の一曲:
Criminal Element Orchestra – Put The Needle On The Record (1987)

Prince逝去であちこちで彼の曲を耳にしますが、”Kiss”がかかっているとどうしても
こちらも聞きたくなります。
知っている人は多くはないでしょうが、80年代の名プロデューサーArther Bakerの
単発的なプロジェクトです。この頃はこういうめちゃくちゃな曲とも言えないような
レコードが一部で流行っていました。たぶん今の時代ではダサいのでしょう。
ドラムがいい味出してると思うのですが。

4月下旬、熊本地震

22/04/2016, 22:41, 日記, by .

311から5年、というエントリーの後、1か月以上も開いてしまいました。
この間、学童は春休み、新一年生の加入と給食開始までの早帰り対応であっという
間のひと月でした。
世の中は……再び日本を大地震が襲いました。
専門家の間では起きておかしくない地震で、動いたら被害の大きい断層と言われて
いたようですが、一般的には九州でこれほどの地震が起こるとは想定外だったのでは
ないでしょうか。
二度の震度7なんて想像もできませんが、津波と原発事故がなかったので東北より
復興は早いのではないか、そうであってほしいものです。

今日の一曲:
Prince – Little Red Corvette (1983)

今日はPrince。これほどの訃報に接しても、今年はもう感覚が麻痺してしまったのか
どこか冷静に受け止めている自分がいます。
私は彼のレコードCDを一枚も持っておらず、あの”Purple Rain”も友人から借りて
済ませてしまい、その後のアルバムもほとんど聴いていないのでもともとあまり
思い入れがない、というのもあると思います。
それでも曲単位ではこの曲を始め気に入っているものも多いので、やっぱり喪失感は
それなりに感じています。
海外はアメリカ3大ネットワークを始め、どこのメディアもトップページで大々的に
報じていてCNNも朝からずっと追悼一色なのですが、日本では今日比較的大きな
事件事故が続発し、熊本地震の話題も尽きないので扱いは決して大きくありません。
80年代を経験した世代なら必ず知っているビッグネームですが、今回訃報より個人的に
驚いたのは、若い世代に彼のことを知らないという人が想像以上に多かったことです。
Princeはネット上で自分の曲が無断で拡散されていくのを良しとせず、YouTubeなどで
動画投稿を見つけたら片っ端から削除していく方針を採ったので結果的に若い人たちが
彼の曲に出会う機会も少なかったのではないかと思います。
このblogで2年前にbirthdayとして取り上げた音源もすでに消されています。彼が書いて提供したこの曲も消えていました
上記も、MVは音が消されていて音源だけの映像と両方載せるしかありませんでした。
もっとも彼には老若男女にアピールできる健康的なイメージはなく、いろいろな意味で
大人向け、玄人好みな存在でしたし、孤高の天才で他のアーティストとの共演も
少なかったので好きな人はとことん好き、嫌な人は毛嫌いというアーティストでした。
私はこの曲の頃の彼が好きなのですが、Stonesの前座で観客から石投げられるなど
不遇な下積みを経て、この曲の入った”1999″でブレイク、次のアルバムで天下を
取りました。思い出深い1984年のチャートでも、”When Doves Cry”があっという間に
チャートを駆け上がって1位になった時のことは今でもよく覚えています。
ひと月ぶりのエントリーなのでつい長くなりました。
彼は多作で恐ろしく膨大な未発表曲がある人なので、本人が居なくなった今、
レコード会社からいろんな音源のリリースが相次ぎそうです。

5年が経って

12/03/2016, 18:53, 日記, by .

昨日書くべきでしたが出遅れてしまいました。
東日本大震災から5年ということで、昨日今日と大がかりな特集が放送されています。
地震だけでもそれまで日本で観測されたことのない巨大地震でしたが、津波と
原発事故が重なったことでその後の日本を変えてしまった大災害でした。
この地震が貞観地震の再来だとしたら、間もなく富士山も噴火するでしょうし、
関東と南海トラフでそれぞれ巨大地震が発生するという歴史が繰り返される流れを
考えなければならないわけで、それらがとりあえず5年間起きなくて良かったと
言うべきなのかも知れません。
震災の話題はもううんざりという人もいますが、より大きな被害が出ることが確実な
災害が待ち受けているのですから、物心備える意味で必要なことだと思います。

今日の一曲:
Music For Montserrat at Royal Albert Hall, London UK (1997)

今年に入って訃報ばかり書いている気がしますが、こちらも出遅れてしまいました。
去る8日に亡くなったSir George Martin、90歳でしたから大往生と言えるでしょう。
ご存じない方へ、Beatlesのプロデューサーとして世界的に有名な人です。
英国の音楽業界にまた一つ、とてつもない巨星が堕ちたと思ってください。
パフォーマーではないので彼自身の代表曲は挙げられませんが、彼が発起人となって
様々な大物アーティストに呼び掛け、王室の方々も招いて1997年に開催したチャリティ
コンサートの模様を今日は載せたいと思います。
始まりの挨拶と各アーティストを紹介する司会、後半のPaulの演奏でオーケストラを
指揮しているのがこの人です。

Copy終了

24/02/2016, 10:07, 日記, by .

「ファイルのコピーが終わった」ことをわざわざ記事にしたのではありません(笑)。
クラウドストレージのCopyがサービスを終了するということで、私のデスクトップの
起動時に今月始め頃からメッセージが表示され続けています。
昨年9月にも書きましたが、その後Dropbox, OneDriveと合わせて使い分け
Copyはほとんど更新しないファイルの倉庫として利用していました。
この手のものはいつサービス終了になってもおかしくないのでやむを得ないですね。
このメッセージは5/1まで起動するたび毎回表示するつもりなのか、”Remind me later”
などのオプションが見当たらず、毎朝余計なひと手間かかっています。
当初まだ日があるのでゆっくり移転先を探そうと思っていたのですが、代わりを見つけて
さっさと引き上げることにします。候補は今のところSurDocまたはBitCasaです。

今日の一曲:
Beatles – Free As A Bird (1995)

2/24はGeorgeのbirthday、公式には25日ですが本人によると24日生まれだそうです。
このblogで取り上げた彼のソロはまだ2曲なのでもっと書きたいのですが、今日は少し
ひねってこの曲にします。Johnの未発表曲をAnthology projectで残るメンバーで
再録してシングルにもなり当時かなりの話題になりました。当然ながらJohnとの絡みで
語られるべき曲なわけですが、私がこの曲を聴いて衝撃的とも言える印象に残ったのが
冒頭のGeorgeのスライドギターでした。Beatles時代にない、ソロになってからの
Georgeの代名詞的な音が、Ringoのいかにもなドラム(こちらは変わらぬ魅力)と
ともにイントロを構成しています。この曲に納得いかず酷評する人も多いのですが
私は当時のRingoの言葉通り、これこそが再結成したBeatlesの音だと思いました。
この曲を手がけた意味は大きいと思います。2人になってしまった今、もはや望んでも
得られなくなってしまいましたから。
最新の技術を駆使したMVも話題になりましたが現在YouTubeでは見られないようです。
見たことない方は検索してみてください。

国勢調査

21/02/2016, 18:56, 日記, by .

10月に行われた国勢調査の集計結果速報値が各自治体から発表され始めています。
(統計局が発表する全国レベルの速報値は今週末ころ)
愛知県の人口は5年前より1%増、名古屋市は1.4%増とのことです。
1%とはいえ、人口減少社会にあって増加しているというだけでも良いことなのかと
思いますが、他の政令指定都市も増えているところは多く、都市に集まる傾向は続いて
いるようです。
名古屋は車があれば横浜や大阪より便利で暮らしやすく、待機児童問題も深刻ではなく
子どもの医療費も無料、経済も好調とくれば当面減る要素はないかも知れません。

今日の一曲:
Black – Wonderful Life (1987)

1月はこの人も亡くなっていました。1/26に自動車事故だったそうです。
と言っても、実質この曲のヒットでしか知られていないので名前だけ見て分かる人は
少ないと思います。しかし再生していただければ、日本でCMソングに採用されて
そこそこ流れていましたので聞いたことある、と思うかも知れません。
当時私は大学受験で趣味は控えめにしていて、本当に気に入ったレコードしか
買わないでいたのですが、この曲はどうしても欲しくなりアルバムを入手しました。
このMVのイメージもぴったりはまり、ジャケット含めて大切な一曲になりました。
現地で昨日の19日にはLiverpool Anglican Cathedralでお別れの会が行われた
ようです。私はここに行ったことがあるのですが、あまりの美しさと巨大さに
圧倒され、別世界に迷い込んだように感じたのを覚えています。東大寺を訪れる
外国人はあの時の私と同じ感動を味わっているのでしょうか。
お別れの会の様子をどこかで見られないか探しているところです。R.I.P.

新東名開通

13/02/2016, 23:52, 日記, by .

新東名高速の愛知県部分が全線開通しました。
なぜか全国ニュースではあまり取り上げられず、主に東海ローカル枠でしか
報じられていませんでしたが、東西日本の分岐点で起こっていた岡崎や音羽蒲郡の
渋滞は日本の物流に多大な影響を与えていたボトルネックでしたからこれが解消
されるというのは全国的に大きなことではないかと思います。
ただ、今日実際に走った人たちからの感想を見聞きする限り、同じ新東名でも静岡県
部分に比べるといろいろ残念なところも目立つようですね。
2車線で路肩も狭く車線の幅も狭いそうで、静岡部分のような開放感はないらしいです。
伊勢湾岸から道なりでICを通過でき、まっすぐ御殿場まで行けるので走りやすいのは
間違いないでしょうが、これからの日本の大動脈にしては心許ない、という評価です。
それもそのはず、今日開通した区間は例の小泉・猪瀬改革の後で着工したため計画の
見直しが反映されているからです。静岡部分と伊勢湾岸は当時すでに着工後だったため
影響を受けていません。この時のコストダウンが結果的に新たなボトルネックを生む
ようなことになるのでしょうか。
まだ機会がありませんが早く実際に走って確認してみたいです。

今日の一曲:
Zayn – Pillowtalk (2016)

1Dを脱退したZayn Malikのソロデビューシングルです。
さすがに話題が大きく注目を集めたのでしょう、英米で初登場1位を記録して
古巣1Dのシングル”History”よりセールス的には成功を収めました。
確かに悪くはないです。が、この曲を聴く限り音楽的には、わざわざソロになる
必然はあったのかな、という気もします。